11月19日(日)18時30分〜

--------------------------------------------------------------
19:00〜『いのちの海辺野古 大浦湾』上映(約75分)
20:30〜 FUJIKO LIVE

--------------------------------------------------------------
入場無料(投げ銭+要ドリンクオーダー)
-------------------------------------------------------------













11月18日(土)19時〜

--------------------------------------------------------------
悶絶アズミ劇場 あほんだらギターの夕べ  
--------------------------------------------------------------
AZUMI LIVE
@Cafe Lavanderia 
好きにやらせてもらいます
--------------------------------------------------------------
500円/1,000円/2,000円 
いづれも要ドリンクオーダー
※各々懐具合に合わせてお支払いください
-------------------------------------------------------------

11月15日(水)19時〜

--------------------------------------------------------------
presented by Japonicus & Caribbean Dandy
--------------------------------------------------------------
★CLANDESTINO★ 
@Cafe Lavanderia
--------------------------------------------------------------
入場無料(投げ銭+要ドリンクオーダー)
-------------------------------------------------------------
★Special Guest★
LOS TEQUILA COKES 
www.facebook.com/lostequilacokes/?fref=ts
-------------------------------------------------------------
★Resident DJs★
藤井悟 aka SATOL.F (Caribbean Dandy)
TETZ MATSUOKA (Club Ska)
KAZ SUDO (Afro Boogaloo Ska Academy)
TXAKO (Japonicus)
AMEMIYA KSK (discos Papkin)
MILK (Cine Bossa)
B.LAZER (Dub Bastards)
TAGOOD (Monte Bailanta)
-------------------------------------------------------------
CARIBBEAN DANDY、JAPONICUS、
AFRO BOOGALOO SKA ACADEMY、
PACHAMAMA、REBEL FIESTA PARTY、
CINE BOSSA出身のDJs達が一同に集い、共演する。
新宿という多国籍な土地で、MESTIZO、CUMBIA、
BALKAN、PATCHANKA、ROCK LATINO、
REBEL MUSIC等をMIXさせた音楽で踊る。
日本でありながら、異国の地に足をふみ入れたような
ボーダレスな大人の空間を演出。
毎月海外アーティストのサポートDJをこなし、
ヨーロッパ・カリブ海・アメリカ等でも活躍する
REBEL MUSICオリジネーターの彼らにしか表現出来ない、
自由なDJプレイは必見です。
-------------------------------------------------------------
CLANDESTINO (Facebook)
http://www.facebook.com/clandestino.japan

Total Info: JAPONICUS
info@japonicus.com / http://www.japonicus.com/
http://www.facebook.com/japonicus.tokyo

-------------------------------------------------------------

11月10日(金)19時〜

--------------------------------------------------------------
フレディ・グスマン
アコースティックライブ
@Cafe Lavanderia
--------------------------------------------------------------
ルーツミュージックへの愛とリスペクトを込めて
--------------------------------------------------------------
2017年11月10日(金)OPEN19:00
19:00〜20:00 DJ:水口良樹(ペルー音楽研究家)
--------------------------------------------------------------
入場無料(投げ銭+ワンドリンクオーダー)
-------------------------------------------------------------
お問い合せ
Cafe Lavanderia
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F
TEL03-3341-4845(14時~22時/月・火は定休日)

-------------------------------------------------------------
80年代にペルーの首都リマで生まれ、5歳でバイオリンを、
その後、マンドリンやギターを手に取り、
2007年、奨学金を得て
バークリー音楽院で学んだフレディ・グスマン。
21歳で卒業後、
リマ、クスコ、ニューヨークで本格的な演奏活動を行い、
偉大なジャズ・ギタリストたちの教えを受ける一方で、
自らのルーツのあるペルーの音楽に強く惹かれた。
2013年に拠点をペルーに戻し、
大学で教鞭をとりながら、
ペルー山岳地帯のアンデスの先住民による
ルーツミュージックを学び、自らの音楽に摂り入れ、
その成果は2014年以後、
ジャズとアンデス音楽のフュージョンという形で、
2枚のCDで発表された。
米国で磨かれた高いテクニックをベースに、
深いリスペクトと愛情とともに
真摯に取り入れたルーツミュージックは、
抜群のセンスで融合され、
彼のギターの中でスリリングに迸っている。
急遽決まった貴重なライヴ。
ぜひご来場を!
-------------------------------------------------------------
Fredy Guzman - guitar & vocals
www.fredyguzman.com
fredy@fredyguzman.com

-------------------------------------------------------------

11月5日(日)19時スタート

JAPONICUS PRESENTS
--------------------------------------------------------------
HUNTZA
バスクの今を聴け!!
超新星HUNTZA(ウンツァ)初来日。

--------------------------------------------------------------
DJ’s
藤井悟(Caribbean Dandy)
TXAKO(Japonicus/Caribbean Dandy)
B.LAZER(Dub Bastards)
--------------------------------------------------------------
入場料:1,500円以上(+ドリンクオーダー)
各々懐具合に合わせて最低1,500円以上をお支払いください。
-------------------------------------------------------------
◎電話予約・お問い合せ:カフェ・ラバンデリア
TEL03-3341-4845(14時~22時/月・火は定休日)
 
メール予約・お問い合せ:ジャポニクス
info@japonicus.com(お名前、枚数をご明記ください)

-------------------------------------------------------------
正統派バスクロックの超新星、
HUNTZA(ウンツァ)が初来日。
元々異なる環境で音楽活動をしていた
6人のメンバーが出会い、
2014年にバンドをスタート。
ヴォーカル・トリキティシャ奏者のヨスネは
トリキティラリ(即興で詩をつくるバスクの文化)の
全国大会で優勝した経験を持つ。
ヴォーカル・パンデーロ奏者のウスエは、
元々バスクの伝統音楽の世界で活躍をしていた。
イナルとアイトルの兄弟は、
それぞれギターとベースをプレイし、
幼少期からバンドで演奏していた。
バイオリン奏者のアイトールはクラッシック出身。
ドラムのペルは元々パーカッショニスト。
そんな個性的なメンバーが集結し、
自らのアイデンティティを最大限に発揮した
1stアルバム「ERTZETATIK」でデビュー。
収録曲の「ALDAPAN GORA」が大ヒット。
一夜にして大人気バンドの仲間入りを果たした。
しかし奢ることなく
腰を据えて活動を続けている彼らの、
伝統音楽とオルタナティブロックを
融合させたLIVEは一見の価値あり!
-------------------------------------------------------------

2017年11月のイベント・スケジュール

入店の際には必ず最低1ドリンクのオーダーお願いします。
      
4日(土)
革命と建築会議
—革命も建築も夢想から始まる—
#2 もじゃハウス
https://www.facebook.com/events/135551073862083/ 
参加費:500円(+ドリンク)
(14時〜)
カニコーセン・ワンマンライブ
嫁さんといく!関東ツアー

チャージ:500円/1000円/2000円(+ドリンク)
(19時〜)
      
5日(日)
HUNTZA LIVE
入場料:1,500円以上(+ドリンク)
(19時〜)
      
6日(月)定休日
7日(火)定休日
            
9日(木)
ロシア・アウトカーストの唄たち
マッチの火が灯る
石橋幸(vo)/小沢あき(g)/河崎純(cb)
投げ銭制
(19時30分〜)
            
10日(金)
FREDY GUZMAN LIVE!!!
投げ銭制
(時間未定)
      
11日(土)
詩の教室
講師:ヤリタミサコ
参加料:500円(資料代込)
https://www.facebook.com/events/968644416558583/ 
(14時〜16時)
      
12日(日)
ラファエル・ブラーガ
連帯のアフタヌーン
https://www.facebook.com/events/279296949247141/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2244%22%2C%22unit_ref%22%3A%22related_events%22%2C%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22permalink%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22RHC%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A[]%7D]%22%7D
入場無料
(15時30分〜)
       
13日(月)定休日
14日(火)定休日
            
15日(水)
Clandestino
https://www.facebook.com/events/542917732723520/?acontext=%7B%22ref%22%3A%223%22%2C%22ref_newsfeed_story_type%22%3A%22regular%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D 
投げ銭制
(19時〜)
      
18日(土)
AZUMI LIVE!!!
悶絶アズミ劇場
あほんだらギターの夕べ
 チャージ:500円/1000円/2000円(+ドリンク)
(19時30分〜)
      
19日(日)
『いのちの海 辺野古 大浦湾』上映会+愛と平和を叫ぶ★第九夜
FUJIKO LIVE
投げ銭制
(19時〜)
       
20日(月)定休日
21日(火)定休日
       
24日(金)
「ZINESTER NIGHT PARTY」
http://blog.lilmag.org/
参加費無料
(19時〜21時)
     
26日(日)
東京スプリング
http://tokyospring.blogspot.com/
投げ銭制
(15時〜)
            
27日(月)
第64回 ダーティ工藤・千浦僚の 
映画原理主義
投げ銭制
(19時30分〜)
            
28日(火)定休日                         

10月15日(日)19時スタート

Presented by Japonicus
Sponsored by
Embassy of the Argentine Republic in Japan

--------------------------------------------------------------
GICELA MENDEZ RIBEIRO
アルゼンチン北東部のフォルクローレ“チャマメ”の歌姫
ジセーラ・メンデス・リベイロ初来日。

--------------------------------------------------------------
SPECIAL DJs
MILK(Cine Bossa)
TXAKO(Japonicus)
--------------------------------------------------------------
入場料:1,500円以上(+ドリンクオーダー)
各々懐具合に合わせて最低1,500円以上をお支払いください。
-------------------------------------------------------------
◎電話予約・お問い合せ:カフェ・ラバンデリア
TEL03-3341-4845(14時~22時/月・火は定休日)
 
メール予約・お問い合せ:ジャポニクス
info@japonicus.com(お名前、枚数をご明記ください)

-------------------------------------------------------------
アルゼンチン北東部、コリエンテスの
ファルクローレ“チャマメ”の歌手
ジセーラ・メンデス・リベイロは、
ギターを背に、国境を越え続けている。
ジセーラはウルグアイとブラジルに
国境を接する地に生まれた歌手であり
作曲家、女優でもある。
アルゼンチン、ブラジル、フランス、米国での
様々なシーンを魅了してきたが、
今回、その歌声を日本に届けるために初来日。
アコーディオンのタルノスキ、ギターのサンドバル、
パーカッションのアギーレからなる
若い著名なトリオを伴って、
新しいチャマメと伝統的なチャマメによる
熟練の舞台を繰り広げる。


2017年10月のイベント・スケジュール

入店の際には必ず最低1ドリンクのオーダーお願いします。
       
2日(月)定休日
3日(火)定休日
      

7日(土)
Tokyo Poetry Journal editors 
welcome writers in town 
for the Japan Writers Conference
https://www.facebook.com/events/1683220118363313/?acontext=%7B%22ref%22%3A%223%22%2C%22ref_newsfeed_story_type%22%3A%22regular%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D
(19時〜)
       
9日(月)定休日
10日(火)定休日
            
13日(金)
ロシア・アウトカーストの唄たち
マッチの火が灯る
石橋幸(vo)/小沢あき(g)/河崎純(cb)
投げ銭制
(19時30分〜)
      
14日(土)
詩の教室
講師:ヤリタミサコ
参加料:500円(資料代込)
https://www.facebook.com/events/968644416558583/ 
(14時〜16時)
      
15日(日)
GICELA MENDEZ RIBEIRO LIVE
入場料:1,500円以上(+ドリンク)
(17時〜)
       
16日(月)定休日
17日(火)定休日
            
18日(水)
Clandestino Special
The Dolomites LIVE
https://www.facebook.com/events/1239665479511920/?acontext=%7B%22ref%22%3A%223%22%2C%22ref_newsfeed_story_type%22%3A%22regular%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D
入場料:1,500円以上
(19時〜)
       
19日(木)
「ZINESTER NIGHT PARTY」
http://blog.lilmag.org/
参加費無料
(19時〜21時)
            
21日(土)
NU☆MAN
参加費無料
(14時〜19時)
       
23日(月)定休日
24日(火)定休日
            
28日(土)
Lazy Moon Party
(時間未定)
     
29日(日)
東京スプリング
http://tokyospring.blogspot.com/
投げ銭制
(15時〜)
            
30日(月)
第62回 ダーティ工藤・千浦僚の 
映画原理主義
投げ銭制
(19時30分〜)
            
31日(火)定休日            
            

9月29日(金)20時スタート

ANTIFASCIST
DUB Gathering 
#003
--------------------------------------------------------------
20時~/入場無料(要ドリンクオーダー)
できれば投げ銭おねがいします。
--------------------------------------------------------------
セレクター
★TINTIN ★grA/full

9月27日(水)19時スタート

--------------------------------------------------------------
JAPONICUS PRESENTS
--------------------------------------------------------------
BELAKO 
UNPLUGGED LIVE
ヨーロッパオルタナロック界の時代の寵児
バスクからベラコ初来日!!

-------------------------------------------------------------
入場料:1,500円以上(+ドリンクオーダー)
予約・お問い合せ:JAPONICUS
info@japonicus.com
-------------------------------------------------------------
Guest DJs:
SATORU FUJII (Caribbean Dandy)
TXAKO (Japonicus)
-------------------------------------------------------------
バスク出身のポストパンク・モダンオルタナティヴ
ロックバンド、BELAKO(ベラコ)。
SONIC YOUTH、THE CURE、NIRVANA等に影響を受けており、
鋭いギターとビートを前面に押し出したサウンドは、
80'sロックを想起させる。
メインヴォーカルの二人は姉妹。
過去にはバスク、スペイン、UK、ポルトガル、フランス、
ドイツ、メキシコでツアーをした経験を持ち、
完成度の高いパワフルなステージングは各国で話題に。
2013年にはRADIO3とGAZTEAで音楽賞を受賞。
2015年にはローリングストーン誌とMIN誌で
ミュージックインデペンデント賞を獲得。
2016年にはスペインの国営ラジオ局RNEで
ベストモダンミュージックバンド賞を受賞している。
名実共にバスクを代表するロックバンドへと
成長を遂げたBELAKO。
これまでにRED HOT CHILI PEPPERS、ELVIS COSTELLO、
WILCO、PLACEBO、THE CURE、MIA、KASABIAN、
THE BLACK KEYS等、そうそうたる面々と共演。
現在までに2013年に発表したアルバム「EURIE」、
2014年にリリースしたEP「AAAA!!!!」、
続いて発表したEP「BELE BELTZAK BAINO EZ」、
2016年にリリースしたアルバム「HAMEN」の
4作品を世に送り出している。
今回ファン待望の初来日公演が決定!
世界を舞台に活躍し続ける
BELAKOの世界観を是非生で体感してほしい。-------------------------------------------------------------

2017年9月のイベント・スケジュール

入店の際には必ず最低1ドリンクのオーダーお願いします。
       
2日(土)バースデイパーティー
入場無料
(16時〜)
      

3日(日)
浪花の歌う巨人
パギやん・LIVE & TALK
(18時30分〜)
       
4日(月)定休日
5日(火)定休日
            
6日(水)
ALIKA SPECIAL LIVE!!!
LEVANTENSE HERMANAS
http://www.japonicus.com/alika2017.html 
入場料:1,500円以上
(18時〜)
      

※7日(木)〜21日(木)まで
スタッフ数名が不在のため
イベント以外のほとんどの通常営業が無くなります。
詳しくはメールかFacebook等でご確認ください。
申し訳ございません。
cafelavanderia@gmail.com
            
7日(木)
NU☆MAN
参加費無料
(18時〜)
            
9日(土)
African Night
コーディネーター:Robinson
参加費無料
(19時〜)
            
11日(月)定休日
12日(火)定休日
            
13日(水)
THIS洗濯屋KILLS FASCISTS
【バンド】
TOXIC CONTROL
DESOLAT(ドイツ)

【DJ】
NU-PAN
C. R. M fromうたごえマフィア
入場無料
(19時〜)
            
14日(木)
通常営業+0円ショップ
入場無料
(15時頃〜)
     
16日(土)
ビバ・メヒコ
イン・カフェ・ラバンデリア
https://www.facebook.com/ViveMexicoTokyo/
大人、子供向けワークショップ
ワークショップ参加料金:1,500円
(11時〜)
            
17日(日)
DJ DAY
投げ銭制
(夕方〜)
      

18日(月)定休日
19日(火)定休日
       
22日(金)
「ZINESTER NIGHT PARTY」
http://blog.lilmag.org/
参加費無料
(19時〜21時)
            
24日(日)
監視社会・管理社会はイヤだ!!
ジグザグ共謀祭
投げ銭制(19時〜)
            
25日(月)
第62回 ダーティ工藤・千浦僚の 
映画原理主義
投げ銭制
(19時30分〜)
      

26日(火)定休日
      

27日(水)
BELAKO 
UNPLUGGED LIVE
http://www.japonicus.com/belako2017.html 
入場料:1,500円以上
(18時〜)
       
28日(木)
ナチュラル・インセンス(自然香)の夕べ
参加料500円
(19時〜21時)
            
29日(金)
ANTIFASCIST
DUB Gathering
投げ銭制
(20時〜)
            

8月30日(水)18時30分オープン

--------------------------------------------------------------
Nouvelle-Calédonie
Le Chemin de la libération 

ニューカレドニア―解放の道
--------------------------------------------------------------
◎スピーカー: Hamid Mokaddem
◎コーディネーター:星埜守之
-------------------------------------------------------------
天国に一番近い島、ニューカレドニアは
珊瑚礁の海と白い砂浜の広がるこの世の楽園。
しかし現実は、ニューカレドニアはフランス領で、
1984年から88年まで
先住民カナックの独立運動で
激しい闘いが繰り広げられた。
2014年から18年の間に住民投票によって
独立を決めることになっているが、
現状はどうなのか話を聞きます。
Hamidさんはアルジェリア系フランス人で
執筆業の傍ら、
現在はニューカレドニアで教鞭をとっている。
日本人にはみえてこなかった
太平洋の楽園で起こっていることを説明します。
-------------------------------------------------------------
入場無料(但し要ドリンクオーダー) 

 

8月27日(日)18時30分オープン

--------------------------------------------------------------
Merry★Chan
--------------------------------------------------------------
2017.8.27(sun)
6:30 open 7:30 live start
@Cafe Lavanderia
投げ銭制(要ドリンク・オーダー)
dj★dragonzo

8月26日(土)18時スタート

--------------------------------------------------------------
IPAMIA企画
Independent Performance Artist’ Moving Image Archive

--------------------------------------------------------------
パフォーマンスアートの記録映像上映会
Long Breathes vol.2
自由への希求、
それは燃え尽きたか?それとも
--------------------------------------------------------------
パフォーマンスアートは20世紀に生まれた芸術表現です。
社会、国家、環境、慣習、階級、差別、理性、美学、
そして芸術のあり方そのものも含めて問いをかける、
反転させる、覆すことに、夢と期待、命をかけて、
様々なアーティストたちが、多様で「自由な」直接表現を、
世界中の都市で、街で、村で、実践してきました。
そして、今ではかなり、”こっぱずかしい?”
この「自由」という概念は、
しばらく、パフォーマンスアートにとって、
最も需要なキーワードでした。
なぜ、今はストレートに響きにくいのでしょう。
それは解決済みの夢なのでしょうか?
私たちはそれを諦めたのでしょうか?
では、今のわたしたちの、
芸術における希望とはなんでしょうか。
アーティストの新旧作品の記録映像を鑑賞しながら、
時代の理想の変化について、
ご一緒に考えてみたいと思います。
--------------------------------------------------------------
今回の紹介映像の予定です。
1. Black Market International
(ドイツ、イギリス、フィンランド、カナダ、
シンガポールなどの複数の国からのアーティストのグループ)
1997と2010の作品
2. Monika Gunther & Ruedi Schill
(スイス)1997と2005の作品
3. Andre Stitt
(イギリス)1997と2006の作品
など。
--------------------------------------------------------------
◎企画・問い合わせ:IPAMIA 山岡さ希子
missingincity@gmail.com  080-5447-9338
◎Web : https://www.facebook.com/events/1841761659475982/

--------------------------------------------------------------

8月19日(土)20時スタート

ANTIFASCIST
DUB Gathering 
#002
--------------------------------------------------------------
20時~/入場無料(要ドリンクオーダー)
できれば投げ銭おねがいします。
--------------------------------------------------------------
セレクター
★TINTIN ★grA/full